ワクワクメールでソフレを募集して既婚者女性と落ち合った体験談

(27歳・機器オペレーター・真人)
 激しく男女関係を求める性格ではありません。
最近の言葉で言えば、草食系っていうタイプかもしれません。
性的な不満を、ガツガツ発散するような男もいるでしょうけど、僕は違います。
もちろんそれでも、異性とちょっとした楽しみを味わいたいなんて気持ちも持っています。
そんな僕だから、ソフレを求めていました。
ただ一緒に寝るだけ。
添い寝するだけ。
それだけの関係を理解してくれる、魅力的な異性との出会いを求める気持ちを強めていたため、出会い系に登録してみました。

 

 出会い系のワクワクメールを利用しました。
かなり有名で人気の高いワクワクメールは、利用者がとても多く、ソフレに理解ある人と出会えそうな雰囲気がありました。

 

 ソフレ募集をしてみたのですが、若干特殊な関係ということもあるのでしょう。
さっさと出会いを見つけられたわけではありません。
それでも、米子近辺の人から、ちょっとずつ連絡がやってくるようになりました。

 

 頻繁なやりとりになったのが、年上の人でした。
29歳の人妻。
花音さん、本格的なセックスをするつもりはないけど、一緒に寝るのが大好きという人でした。
メール交換がかなり順調でしたから、カカオでお話させてもらうことにも。
すごく、雰囲気の良い異性の声に、ハートがドキドキでした。

 

 あくまでもソフレという関係で、待ち合わせすることになりました。
米子駅近くにあるイ○ンで会い、近くのビジネスホテルのデイユースプランで部屋を取りました。
さすが、初めてのことですから、かなり緊張。
人妻といえば、既婚者で男性関係には慣れているからなのか、落ち着いていました。
2人してベッドに入る。
体を密着させて、一緒に寝る。
この瞬間、幸福を感じてしまったのです。
異性の香水の香りが、とても甘くて、それが心を弾ませてくれるものに。
異性の体の温かさや柔らかさを感じて、とても心地良くなっていきました。
花音さんからキスをしてきました。
僕は彼女の胸を触りました。
でも、それ以上の関係は無し。
2人して、つかの間ですが、添い寝して時間を過ごせました。

 

 定期的に待ち合わせをして、一緒に寝る関係を続けられるようになりました。
正直なこと言うと、多幸感すら感じてしまっています。 

このページの先頭へ戻る